HOME>特集>歯科矯正にかかる初期費用とは?治療計画は慎重に進めよう

歯科矯正にかかる初期費用とは?治療計画は慎重に進めよう

歯科矯正

治療前から治療中まで費用が発生する

歯科矯正をすることによって歯並びがきれいになるだけでなく、かみ合わせが良くなったり歯周病になりにくくできたりします。そして、歯科矯正の方法によって初期費用は異なるものの、2000円から5000円ほどが相場になっています。これは、問診やカウンセリングを行い、矯正方法を検討する材料となります。そして、実際に治療をするにあたってレントゲンなど精密検査を行い、治療が進められます。いろいろな方法がある中で一般的なのがブラケット矯正で100万円ほどとなっています。比較的費用を抑えたいという人に向いていますが、見た目が気になるという点があります。それに対して裏側ブラケット矯正は120万円ほどになりますが、矯正しているのが目立たないというメリットがあります。

歯型

歯の状態が悪いほど治療費は高くなる

歯科矯正をするうえで単純に矯正をするというのではなく、虫歯治療も兼ねて行われることが多いです。特に、歯科矯正をしていると日々の歯磨き不足で虫歯になってしまうこともあります。そのため、初期費用や治療費と上乗せになり高くなることもあります。ちなみに、ブラケット矯正では一ヶ月ほどの間隔で経過処置として診察を受けるため処置料として1回5000円から1万円ほどかかります。それに加えて、大人の歯は子供の歯に比べて動かしにくいため、歯や歯茎にダメージが多いです。そのため、治療が長引くことによって費用が増えるのもこのためです。そのため、歯科医師と綿密に計画を立てて進め、状態を確認しながら変更をすることも必要となります。